佐賀県小城市三日月町 日蓮宗寺院〈天龍山泰平寺〉

トップページ

泰平寺の縁起
境内のご案内
香田大尉のご遺品
日蓮宗の教え
行事のご案内
仏事の基礎知識
納骨堂・墓所ご案内
リンク集



日蓮宗の教え
日蓮聖人
宗祖・日蓮聖人は貞応元年(1222)2月16日、漁民の子として、安房国小湊に誕生されました。12歳のとき古刹・清澄寺に登り、道善房を師として勉学に励み、16歳で出家して名を是聖房蓮長と改めます。

諸国遊学の旅に出た蓮長は修行研鑽の末に、「法華経」こそが釈尊の真実の教えであると確信。再び清澄寺に帰ると、建長5年(1253)4月28日、朝日に向かって「南無妙法蓮華経」を唱え、立教開宗を宣言して名を日蓮と改めました。

鎌倉へ入った日蓮聖人は、辻説法で布教を行い、文応元年(1260)に『立正安国論』を北条時頼に呈上します。しかし、このことが幕府や他宗の反感を買い、以後、激しい迫害を受けることになります。「四大法難」と呼ばれる「松葉ヶ谷草庵の焼討ち」「伊豆流罪」「小松原の襲撃」、そして「龍ノ口の法難」から3年に及ぶ「佐渡流罪」は、まさしく生命の危機を伴うものでした。しかし逆境にあっても、日蓮聖人の布教への熱い思いは不滅でした。

文永11年(1274)、『立正安国論』に予見した蒙古襲来が現実となり、幕府に赦された日蓮聖人は、鎌倉を去り身延山に入るとそこに草庵を設け、余生を門弟の育成と信徒の指導に捧げます。やがて弘安5年(1282)10月13日、病を得て療養のため常陸に向かう途中の武蔵国池上で、信仰と布教に生きた波乱の生涯を閉じられました。

最高の経典「法華経」
日蓮宗は、お釈迦様の説かれた最高の教えである、「法華経」を拠り所とする宗団です。この「法華経」を身をもって読まれ、布教された日蓮大聖人を宗祖と仰いでいます。

「法華経」とは、正しくは「妙法蓮華経」という仏教の経典で、原典はサンスクリットで記されており、梵語名は「サッド・ダルマ・プンダリーカ・スートラ」です。「法華経」は、80歳で亡くなったお釈迦様が、絶対的な真理として晩年8年間でお説きになった教えです。

日蓮宗の本尊は、「久遠実成の本師」である「釈迦牟尼仏(お釈迦様)」です。これは、永遠の昔に悟りを開いた仏さまという意味で、「法華経」は本仏(釈迦牟尼仏)が経典として実態を示したものです。

よって日蓮宗が掲げる信仰の対象は、お釈迦様(仏)、その最高の経典である「法華経」(法)、そして「法華経」を世に広められた宗祖日蓮聖人(僧)であり、この三つを「三宝尊」と呼びます。

本尊には色々な形がありますが、文字で表現した「曼荼羅本尊(まんだらほんぞん)」と、仏像で表現した「一塔両尊四士(いっとうりょうそんしし)」が代表的なものです。

「曼荼羅本尊」は、中央に「南無妙法蓮華経」と大書し、左右に釈迦牟尼仏をはじめ多くの諸仏・ 諸菩薩・諸天善神等の名を記した「大曼陀羅」のことです。

「一塔両尊四士」は、中央に「南無妙法蓮華経」と書かれた宝塔を置き、左に釈迦如来坐像と右に多宝如来坐像、その左右外側に「法華経」の四大菩薩(上行菩薩・無辺行菩薩・浄行菩薩・安立行菩薩)を配置する形式の仏像です。

日蓮聖人は「法華経」は本仏の声そのものであり、「法華経」の功徳すべてが「南無妙法蓮華経」の七文字に込められていると考え、「法華経」に帰依し「南無妙法蓮華経」のお題目を唱えれば、凡夫も過去の罪を消し去り成仏することが出来ると説きました。日蓮宗ではお題目を唱えることを、何よりも重要な修行としています。

日蓮宗の教義とは、「法華経」の魂をお題目に込められた宗祖の教えに導かれて、私たちが信行に励みこの教えを広めることによって、やがて世界の平和と人類の幸福、ひいては個人の幸せにつながる事を確信できる教えです。


天龍山泰平寺 〒845-0022 佐賀県小城市三日月町久米1045番地
TEL:0952-73-3131 FAX:0952-73-3912 メールはまで
掲載された画像・文章などを無断で転載することは出来ません。

お問い合わせ交通アクセス