佐賀県小城市三日月町 日蓮宗寺院〈天龍山泰平寺〉

トップページ

泰平寺の縁起
境内のご案内
香田大尉のご遺品
日蓮宗の教え
行事のご案内
仏事の基礎知識
納骨堂・墓所ご案内
リンク集



仏事の基礎知識
知っているようで意外に知らない仏事についての基礎知識を、ここではQ&A方式で分かり易くご案内します。
「お葬式」について知りたいのですが?
お釈迦様の言葉に「生者必滅・会者定離」とあります。生ある者は必ず死に、相会う者は必ず別れるという意味で、亡くなった人を丁重に仏様のみもとに送ることは、遺された者にとっての大きな責任です。お葬式は、死者を弔う真心を死者に示すとともに、その心を自分にも持つための儀式といえるでしょう。
当寺では主として日蓮宗檀信徒向けに、葬儀のあり方の解説書「仏事の栞」を準備しておりますので、遠慮なくお申込みください。
「戒名」とはそもそも何ですか?
「戒名」はもともと、仏教に帰依して受戒した者が授けられる名前で、日蓮宗では「法号」といいます。本来は生前に与えられるものですが、死者を仏様の弟子として送るという考え方から、一般人にも死後に僧侶により与えられるようになりました。
「香典」とはそもそも何ですか?
「香典」は供養のため「お香を供える」、または「お香の代金を供える」という意味で、正式には「香奠」と書きます。かつては会葬者が、相互扶助のためお米や野菜などの食物を持ち寄る習慣でしたが、現在では食事からお香まで一切を喪家が用意するようになり、その代わりにお金を包むようになりました。
「法要」について詳しく知りたいのですが?
「法要」とは本来、仏法の要点・肝要を知ることですが、現在では転用されて法事・仏事・法会など、仏教行事一般のことをいうようになりました。
一般的には故人の冥福を祈るとともに、死者の追善のために供養・回向を行う儀式(追善法要)をさしますが、それ以外に、寺の創立記念や落慶、仏像の開眼などの慶事も含みます。
「お布施」には決まりがあるのですか?
「布施」の本来の意味は、心を込めて人に施しをすることです。したがってお布施には、いくらでなければという金銭的な決まりはありません。その家の経済状態が許す範囲であれば多すぎるということはなく、反対に少額であってもその家族にとって精一杯の金額であれば、それで十分なのです。
「お墓」を建てるにはどうすればいいのですか?
まずお寺にご相談いただき、墓地をお選びください。現地をご覧になり、どの場所にするかや大小などについては、ご親戚や知人などとじっくり検討されることをお勧めします。墓石の工事は石材店が行いますが、石材の種類と墓石のデザインなどを決めるときは、実際の施行例を参考にすると良いでしょう。
墓石の据え付けが終ったら、寺の本堂で「開眼供養」をして魂入れを行います。これにより墓石が、供養の対象として心が通ったものになります。
「墓参り」の仕方について知りたいのですが?
お墓参りに用意するものは、生花・線香・ロウソク・お供え物・数珠・手桶と柄杓などです。生花、お供え物を供え(本堂内の位牌所)、線香に火をつけ、お墓に水を掛けて合掌し一礼します。
「供養」とはそもそも何ですか?
「供養」とは、もともと三宝(仏・法・僧)に対して、三業(身・口・意)によって供物を捧げることを意味します。現在では主に、死者の霊魂を慰め成仏させるための「追善供養」と、仏像や仏壇、お墓などに魂を入れる「開眼供養」の、二通りの意味に用いられます。どちらも供物や花を供え、読経などを行います。
「永代供養」とはどういう意味ですか?
「永代供養」とは、お寺に長年の供養に必要なお布施をして、毎年のお盆やお彼岸、命日などに、故人やご先祖の供養してもらうことです。施主が亡くなって継承者が途絶えても、お寺の方で代々の住職が供養するので永代供養といいます。
「仏壇」の祀り方について知りたいのですが?
お仏壇は、家庭内にお祀りする仏様のお住まいです。湿気の多い所や不浄な所、直射日光の当たる所は避け、出来るだけ家族が礼拝しやすい場所を選びます。向きは南や東がよく、北や神棚と向かい合う位置は避けます。
お仏壇の上段中央には日蓮宗のご本尊をお祀りし、日蓮聖人のご尊像はご本尊の前に奉安します。お位牌は、ご本尊やご尊像の脇下段にお祀りしましょう。
「お盆」とはそもそもどういう行事ですか?
お盆は「盂蘭盆(うらぼん)」を略した言葉で、目蓮尊者の故事に由来する、先祖の霊を家に迎えて追善の供養をいとなむ仏事です。期間は8月13〜15日。先祖の霊が苦しみから逃れるように願い、また亡き人を偲び、追福と報恩の心を捧げる誓いの日でもあります。
「お彼岸」とはそもそもどういう行事ですか?
お彼岸とは「彼岸会(ひがんえ)」のことで、春分・秋分の日を中日として前後3日を合わせた、計7日間行われる春秋の仏事です。先祖を供養し故人を偲ぶとともに、また俗世(此岸)から仏の世界(彼岸)へ至るため、悪事をやめ善事に精進する期間でもあります。


天龍山泰平寺 〒845-0022 佐賀県小城市三日月町久米1045番地
TEL:0952-73-3131 FAX:0952-73-3912 メールはまで
掲載された画像・文章などを無断で転載することは出来ません。

お問い合わせ交通アクセス